ダイエットと内臓脂肪

内臓脂肪とは

内臓脂肪とはなんでしょうか。内臓脂肪とは、腹部の内臓の周りにある脂肪(消化管の間の脂肪組織)です。お腹の肉が摘めるようになったらダイエット、というのは一つの目安ですが、この摘めるのは皮下脂肪で、内臓脂肪とは別物です。

内臓脂肪の方が、皮下脂肪のよりも悪玉といわれます。ダイエットしてもなかなか強敵な皮下脂肪とは違って、実は内臓脂肪は、溜まるのも早いが減らすのも早い攻略しやすい相手。

皮下脂肪がなくて、一見ダイエットが必要なほど太ってないような人でも、内臓脂肪がたっぷりという可能性もあります。近年、「かくれ肥満」という言葉をよく耳にします。これは、外見や体重の割に体脂肪率が高いときに用いられる言葉ですが、このかくれ肥満の人にたまっているのが、内臓脂肪なのです。

内臓脂肪でダイエットの判断

内臓脂肪を医学的に判断するには、CTスキャンで撮影する必要があります。お腹周りとはおへその高さの外周。お腹周りの数値が大きいほど減る数値も大きく、男性の場合6cm以上はないと、内臓に脂肪がついてると推測されます。そういった場合は、早めにダイエット、内臓脂肪消費対策をたてた方が良いようです。

内臓脂肪を燃やすのに最適なのは、有酸素運動です。有酸素運動を取り入れたダイエット方法を駆使して、内臓脂肪を燃やしてしまいましょう。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。