キャベツダイエット

キャベツダイエットとは

キャベツダイエットとは、食事の前にキャベツを食べるという、シンプルなダイエット方法ですが、3ヵ月続けて4〜10kg痩せたという人もいるほど、簡単な割りに効果の高いダイエット方法です。

このキャベツダイエットという方法は、日本テレビの「おもいっきりテレビ」で紹介されたので一気に有名になりました。

キャベツダイエットのやり方は、朝・昼・夜の食事前に、キャベツ約6分の1個を生のまま、千切りでもザク切りでもいいので食べやすく切って、サラダにして食べてから普通に食事を摂るというものです。キャベツには、オイルの入っていないドレッシングがレモン果汁をかけるのがよいでしょう。

キャベツダイエットも他の方法と同様に、『ダイエット効果があるから』と食べ過ぎては本末転倒です。食べ過ぎには注意しましょう。

キャベツダイエットの効果の秘密

キャベツダイエットでは、生のキャベツを千切りやザク切りのサラダにしますが、この生のキャベツは意外と歯ごたえがあり、自然とよく噛むことになります。よく噛むことによって満腹中枢が刺激され、すみやかに満腹感を得ることができるというのがキャベツダイエットの効果の秘密です。

キャベツダイエットで摂ることになっているキャベツ6分の1個は、サラダボウル一杯になりますが、カロリーは約30キロカロリーですので、量の割には摂取カロリーも低く抑えることができます。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。