ダイエットの目的と必要性

ダイエットの意味と目的

ダイエットというと、日本では「痩せるための食事・方法」という意味合いが強いものですが、ダイエットとは本来食事療法(の食事)という意味で、「痩せる」目的に限定されるものではありません。「ダイエットをして太る(痩せすぎなので太る)」という使い方もありで、「健康を取り戻すための、あるいは維持するための食事療法(その他の方法も含む)」という解釈をするのが、ダイエットの正しい理解といえるでしょう。

ダイエットの必要性

ダイエットの必要性は、本人の価値観から来る場合と、健康管理上(治療上)の必要性から来る場合とがあります。

前者のダイエットの場合、好みの容姿になろうとして、主に体重を減らしたいという動機からダイエットの必要性を感じ、ダイエットを試みるといったケースです。このダイエットは、健康維持よりも容姿を重視する傾向にありますから、やり方や程度によっては、ダイエットが逆に健康を害する結果となる場合もありえます。

後者のダイエットは、主に肥満解消のためのものです。治療のためのダイエットは、医師の指導管理の元でなされますので、健康を害する危険は極めて少ないでしょう。

どちらのダイエットにしても、必要性を感じる強い気持ちが、ダイエット成功の決め手となります。強い決意と地道な努力でなすダイエット、くれぐれも健康を害することのないようにしてくださいね。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。